2016年07月13日

どこまでが仕様の範囲か


仕様にはどの様な範囲の事を規定するべきなのかという話です。

仕様の範囲


前提条件として工程というものは内部的な運用としては自由に定義して構わないものだと考えています。従ってここで論ずる内容は絶対的な仕様の範囲を定義しようとしている訳ではありません。

結論から言うと仕様というのは自分的には以下の様に定義しています。
外部に表れるもの全て
ここで外部というのはプログラムの外側という意続きを読む
posted by 善 at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする